『FAプロ/ヘンリー塚本』昭和エレジー。女中として主人に逆らうことなく言われるままに抱かれ、性の慰み者にされる悲しい女の物語『葵千恵 中島京子 芦屋静香』

三十路,ヘンリー塚本,熟女,野外プレイ,人妻,近親相姦,FAプロ,職業色々熟女,家政婦,着衣,昭和,三十路,女中,葵千恵,あおいちえ,エロドラマ,FAプロ・ヘンリー塚本,和服・浴衣,芦屋静香,中島京子,なかじまきょうこ,あしやしずか

慰み者となり性の悦びと哀しみを味わう女中

タイトル:ニッポンのワイセツ映像 女中哀歌

昭和の時代…。飯倉家にはお澄とお杉という二人の女中が仕えていた。家の主人は飯倉精吾という名の知れた作家であり、かなりの好色者であった。病に伏せた妻の代わり、女中のお澄と関係する精吾。しかし、妻の世話をするお杉には病の感染を恐れてか手を付ける事はしなかった。ある夜のこと、遂にお杉は精吾の下に呼ばれる事となる。貧しい身の上故に、男に抱かれざるを得ない女中たちの哀歌、丹精込めてヘンリー塚本が贈ります。htms00126

\ 応援▼クリック▼嬉しいです! /
   
新宿風俗マニアクス